愛犬の長生きの秘訣『オーラルケア』

犬歯磨き

愛犬の健康維持には、オーラルケアが非常に重要です。オーラルケアとは、口内環境の健康維持を目的としたケアで、歯磨きやフード、おもちゃなどの使用が含まれます。

以下は、愛犬の長生きの秘訣としてオーラルケアに注目するポイントです。

 

歯磨き

歯磨きは、愛犬の口内環境を清潔に保つために非常に重要な役割を果たします。定期的な歯磨きは、歯垢や歯石の蓄積を防ぎ、歯周病や歯肉炎などの口内疾患のリスクを低減することができます。

犬用の歯ブラシや歯磨きペーストを使って、1日に1回程度の歯磨きを行うことが推奨されています。歯磨きが苦手な場合は、歯磨きシートや歯磨き用おもちゃなどを活用するのも良いでしょう。

 

フード

愛犬の食事には、口内環境の健康に影響する要素が含まれています。特に、フードの質や食べ方によって、歯垢や歯石の蓄積を防ぐことができます。

歯磨き用のフードや、歯磨き効果のあるおやつなどを与えることもできます。また、フードの食べ方を工夫することで、歯垢や歯石の蓄積を防ぐことができます。例えば、ドライフードよりもウェットフードの方が、口内環境を清潔に保つ効果が高いとされています。

 

おもちゃ

適切なおもちゃを与えることで、歯磨き効果や噛むことによるストレス解消が期待できます。歯磨き用のおもちゃや、歯垢を落とす効果のあるチューイングトイなどがあります。

また、おもちゃを使って運動をすることで、運動不足解消やストレス解消にも繋がります。

愛犬の歯をおもちゃを使ってみがく

愛犬の歯をおもちゃを使って磨くことは、歯磨きの補助として有効な方法です。以下は、おもちゃを使った歯磨きの方法です。

 

歯磨き用おもちゃを選ぶ

犬用の歯磨き用おもちゃを選びます。硬い素材でできたものや、歯ブラシのような形をしたもの、紐がついたものなどがあります。犬種やサイズに合わせて選びましょう。

 

歯磨き用おもちゃで遊ぶ

歯磨き用おもちゃで遊びながら、歯磨きをすることができます。おもちゃを咥えて噛む動作で、歯垢や汚れを取り除くことができます。また、紐がついたものを使うと、犬が紐を噛みながら歯磨きをすることができます。

 

正しい使い方をする

おもちゃを使った歯磨きは、あくまでも補助的な役割であり、定期的な歯磨きの代わりにはなりません。また、おもちゃを使った歯磨きをする場合でも、犬がおもちゃを噛み砕いたり飲み込んだりしないように注意しましょう。

 

以上が、おもちゃを使った歯磨きの方法です。愛犬が歯磨きを嫌がる場合でも、おもちゃを使って楽しく歯磨きをすることができます。ただし、おもちゃを使った歯磨きは補助的な方法であるため、定期的な歯磨きや歯科検診も欠かさずに行いましょう。

愛犬の歯をガーゼを使って指ブラシ

愛犬の歯をガーゼを使って指ブラシすることは、歯磨きの補助として有効な方法です。以下は、ガーゼを使った指ブラシの方法です。

 

準備する

ガーゼを用意します。綿100%のものを選び、大きさは愛犬の口に合わせて選びます。また、犬用の歯磨きペーストを用意します。

 

愛犬を落ち着かせる

まずは、愛犬を落ち着かせます。リラックスした状態で歯磨きを行うことで、ストレスを与えずに歯磨きをすることができます。

ガーゼに歯磨きペーストをつける

ガーゼに歯磨きペーストをつけます。適量をつけ、指に巻きつけます。

 

歯磨きをする

ガーゼを指に巻きつけたら、歯磨きを始めます。歯磨きは、歯と歯の間にある歯垢を取り除くように、優しく歯を磨いていきます。歯垢を取り除くのに十分な時間をかけ、丁寧に行いましょう。

 

口内をゆすぐ

歯磨きが終わったら、愛犬に水を飲ませて口内をゆすぎます。歯磨きペーストを飲み込んでしまうと、消化器官に影響を与える可能性があるため、必ず口内をゆすぐようにしましょう。

 

以上が、ガーゼを使った指ブラシの方法です。愛犬が歯磨きを嫌がる場合でも、ガーゼを使って優しく歯磨きをすることができます。ただし、ガーゼを使った歯磨きもあくまでも補助的な方法であるため、定期的な歯磨きや歯科検診も欠かさずに行いましょう。

愛犬の歯をブラシを使って本格ケア

愛犬の歯を本格的にケアするためには、専用の犬用歯ブラシを使って磨くことが重要です。以下は、犬用歯ブラシを使った歯磨きの方法です。

 

歯磨き用品を準備する

犬用の歯磨き用品を用意します。犬用歯ブラシ、犬用歯磨きペースト、そして水を用意しましょう。

 

愛犬を落ち着かせる

まずは、愛犬を落ち着かせます。リラックスした状態で歯磨きを行うことで、ストレスを与えずに歯磨きをすることができます。

 

歯磨きをする

犬用歯ブラシに適量の歯磨きペーストをつけ、犬の歯に当てて優しく歯を磨いていきます。歯ブラシの毛先は45度の角度で、歯肉に向かって磨くようにします。歯と歯の間にある歯垢を取り除くように、丁寧に歯を磨きます。

 

口内をゆすぐ

歯磨きが終わったら、愛犬に水を飲ませて口内をゆすぎます。歯磨きペーストを飲み込んでしまうと、消化器官に影響を与える可能性があるため、必ず口内をゆすぐようにしましょう。

 

歯磨き用品を洗浄する

歯磨きが終わったら、犬用歯ブラシや歯磨きペーストを水でしっかりと洗浄します。次回の歯磨きの前に、きちんと洗浄しておくことで、衛生的に歯磨きができます。

 

以上が、犬用歯ブラシを使った歯磨きの方法です。犬の歯は人と同じように、毎日のケアが必要です。定期的な歯磨きや歯科検診を行い、愛犬の口腔健康をしっかりと管理しましょう。

愛犬の家庭でできる手入れ「シャンプー」

愛犬のシャンプーは、毛並みや皮膚の健康を保つために定期的に行う必要があります。家庭での手入れであれば、以下のように行うことができます。

 

準備するもの

愛犬用のシャンプー、タオル、スポンジ、ブラシ、シャワーヘッドがある場合は準備しておきます。また、風呂場やシャワールームを利用して行うことをおすすめします。

 

水で毛並みを濡らす

まず、愛犬をシャワーやバスタブに入れて、ぬるま湯で毛並みを濡らします。水は、犬が怖がる温度ではなく、犬が快適に感じるぬるま湯の温度で用意します。

 

シャンプーをつける

犬用のシャンプーを手に取り、愛犬の体全体に均等に塗ります。頭部や首の周り、足の間やお腹など、しっかりと泡立てながら、汚れを落とします。

 

マッサージして泡立てる

シャンプーを塗ったら、指先を使って愛犬の体をマッサージしながら泡立てます。ここで、優しくマッサージをすることで、皮膚の汚れを取り除くとともに、マッサージ効果でリラックスさせることができます。

 

水で洗い流す

シャンプーを泡立てたら、ぬるま湯で洗い流します。シャワーを使う場合は、シャワーヘッドを使って、流しやすいようにします。シャンプーがきちんと流れ落ちるように、愛犬の体全体をしっかりと洗い流します。

愛犬の家庭でできる手入れ「ブロー」

愛犬のブローは、家庭でも簡単に行うことができます。以下は、犬のブローの手順です。

 

準備するもの

ドライヤー、ブラシ、コーム、トリートメントスプレーなどを用意します。

 

愛犬の体を濡らす

シャンプーの後は、愛犬をタオルで拭き取り、水分を取り除きます。

 

ブラッシング

ブラッシングをしっかり行います。毛玉や絡まりがある場合は、コームを使ってほぐします。毛質によってブラシの種類が異なりますので、毛質に合ったブラシを選びましょう。

 

トリートメントスプレーを使って保湿

トリートメントスプレーを愛犬の毛に吹きかけ、しっかりと保湿します。トリートメントスプレーを使うことで、愛犬の毛が乾燥しにくくなり、ブローの仕上がりもよくなります。

 

ブローする

ドライヤーの風量を調節し、強すぎず、犬の体に負担がかからないようにします。また、ドライヤーの温度も犬の体に合わせて調整しましょう。ブローの際には、ブラシで毛並みを整えながら、根元から毛先に向かって、ふわふわと乾かしていきます。

 

仕上げ

ブローが終わったら、再度ブラシで毛並みを整え、仕上げをします。

 

以上が、家庭でできる愛犬のブローの手順です。ブローは、シャンプーの後や、散歩から帰った後など、毛並みが乱れてしまったときに行うとよいでしょう。ただし、犬によってはドライヤーが苦手な場合もあるため、犬の体調や様子を見ながら行うようにしましょう。